1. ホーム > 
  2. STEP 02 何に塗れるの?

STEP 02 何に塗れるの?

カラーワークスの塗料は、基本的に下地材を塗らなくてもプラスターボードやビニールクロスに塗ることができますが、それは塗る「下地の種類」によっても変わってきます。こちらでは、下地別にペイントの仕上げ方をご紹介します。

石膏ボード(プラスターボード)

  • ボードに直接2回塗りで施工できます。また、より美しく仕上げる為には、カラーワークスプライマーを全体に一度塗って乾かしてから、ペイントを2度塗りしてください。一般の住宅の場合、カラーワークスペーパー(ペイント専用下地クロス)を貼った上からペイントすると、クラックを防ぐことができる上、何度も塗り重ねていくことができるので、経済的かつ長い間ペイントが楽しめるでしょう。

  • プラスターボード

クロス(壁紙)

  • ■ 塩化ビニルクロス

    一般家庭に貼られている塩化ビニルクロスには、直接施工ができます。 ※撥水加工、フッ素樹脂ラミネート、汚れ防止用、ペット用等の特殊加工クロスなどは、水性塗料を弾くためペイントできないものもあります。

    ■ 布クロス

    布クロスは、塗料が吸い込むため、ムラができる可能性があるので塗装には向いていません。

    ■ クロスの状態別

    ■ タバコのヤニがある場合、タバコのヤニの上に直接ペイントすると、何らかの樹脂と反応し、溶け出し、乾いたあと塗膜の表面に浮き上がってくる可能性があります。洗剤をつけてしっかり汚れを落とし、水拭きをして壁が乾いた後、ヤニ止めシーラーを下塗りしましょう。

    ■ カビが生えている場合、カビ取り剤でしっかり取り、カラーワークスプライマーを下塗りしましょう。

    ■ 油汚れがある場合、油汚れが酷いと水性塗料は弾かれて、綺麗に塗ることができません。汚れを洗剤で落とし水拭きをして乾いた後、カラーワークスプライマーを下塗りしましょう。

    ■ クロスに穴、隙間がある場合、ジョイントなど剥がれている部分は木工用ボンドで貼り、隙間や穴は大きければパテで埋めましょう。パテが乾いた後は、紙やすりをかけプライマーを下塗りしましょう。なお、画びょうや釘の穴のように小さい穴は、市販の補修材で簡単に埋めることができます。

  • クロス

砂壁・繊維壁・漆喰などの左官壁

■ 繊維壁・砂壁

繊維壁は、表面が脆くペイントできません。ペイントしても表面がポロポロはがれ長持ちしません。砂壁は、直接塗ると吸い込みが激しいため、大量の塗料を消費します。もし、まだ砂壁が丈夫であれば、表面を固めて吸い込みを防ぐための水性カチオンシーラーを塗ってからペイントしましょう。砂壁のテクスチャーは残りますのでご注意ください。

  • ■ 漆喰

    漆喰は、基本的に同じ漆喰でないと塗ることが出来ません。呼吸する空気の量が多いため、はがれの原因になります。

  • 漆喰

木部

■ 無垢材

松やツガなどは、節の部分にヤニが発生します。軽く紙やすりをかけ、ヤニ止めシーラーを塗ってから上塗りをして下さい。また、木材は、水分を吸うと木目が逆立ち、表面がざらざらする事があります。塗料を1度塗りをし、よく乾かした後、さらに細かな目の紙やすりをかけてペイントしましょう。

■ ベニヤ・合板

木を張り合わせた際に使われる接着剤が、ペイントすることで表面に出てくることがあります。紙やすりを掛けた後よく粉を払い、プライマーを下塗りしてから 通常のペイントを2度塗りしましょう。 また、木材は水分を吸うと木目が逆立ち、表面がざらざらする事があります。塗料を1度塗りをし、よく乾かした後、さらに細かな目の紙やすりをかけてペイントしましょう。比較的、シナベニヤが塗装に向いています。

化粧合板

紙やすりをかけ、プライマーを下塗りすると密着が良くなり塗りやすくなります。プライマーが完全に乾いた後、表面を滑らかにしてから通常のペイントを2度塗りします。

鉄部・アルミ

外部、内部に関係なく鉄やアルミなどの非鉄金属は、普通の塗装方法では塗ることができませんが、専用の下塗り材を使用することでペイントが可能になります。鉄部で、すでに錆びている部分は、紙やすりを掛けるなどして出来るだけ錆びを取った後、さび止め塗料を下塗りします。完全に乾いてから通常のペイントを2回塗りします。

天井材

■ ジュピトーン

よく見られる天井材のジュピトーンは石膏ボードのような作りのため、直接ペイントすることができます。しかし、多少吸い込みが多く、ムラになる可能性があるため、プライマーなどで下塗りしたほうがより美しく仕上がります。

■ パーライト

ジュピトーンに比べ、塗料の吸い込みがかなりあるため、ペイントはあまりおすすめできません。下地の固め、吸い込みをとめる専用シーラーを下塗りすると平面部分は塗ることができますが、数多く空いている隙間や穴を埋めるのは大変な作業となります。

モルタル・コンクリート

  • 素地の乾燥を十分に行ってください。打ってすぐは水分量が多くph値が安定しないため、最低でも2週間は経ってから塗装してください。プライマーを下塗りした後、ペイントを2回塗りします。

  • モルタル・コンクリート

テラコッタ(植木鉢など)

  • そのままのペイントも可能ですが、多少の吸い込みがあるため、染み込み止めに、プライマーを下塗りした後、通常のペイントを2度塗りします。テラコッタの植木鉢などを屋外に置く場合は、使用できません。水を含むと剥がれやすいので注意が必要です。

  • テラコッタ(植木鉢など)

ガラス・タイル

  • ガラスや磁器タイルは、表面がつるつるしているため、ペイントには向いていません。

  • ガラス・タイル

ふすま

  • 紙でできているため、直接ペイントできます。敗れている箇所は木工用ボンドで補修した後、ペイントをしてください。また、ペイント直後は表面が膨らむ場合がありますが、乾いたら元に戻ります。ペイント中は水分を含み弱くなっているので、破れなどに気を付けてください。

  • ふすま

プラスチック

人工的に作られた高分子化学物質。吸い込みがないため、ペイントには向いてません。

ITEM SEARCH アイテム検索

商品カテゴリから選ぶ
キーワードを入力

カート

Shopping cart total

0点 ・0円(税込)

カートの中を見る

BRAND SELECT ブランドから選ぶ

Hip Hip mini KAKERU MAGNET Wood Natural Garden 漆喰 珪藻土 MOIRE マンダ マダ ファロー&ボール Sherwin Williams Harris  DC

MYPAGE LOGIN マイページログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

送料について

送料は配達地域&ご注文量で変わります
送料計算についてくわしくはこちらから

お支払い方法について

クレジットカード決済・代金引換でのお支払いが可能です。
※ 代引きの場合、別途手数料をご負担いただいております。詳しくはご利用ガイドをご確認ください。

ご利用可能カード決済

お電話・FAXでのお問い合わせ」

 046-278-3029
専用フォームからのお問い合わせはこちらから
お買い物についてより詳しいガイドはこちらからチェック